改善する方法

高脂血症とは、血液中のコレステロールや中性脂肪が一定基準値以上に増加した状態をいいます。コレステロールや中性脂肪は水に溶けず、ある特定のたんぱく質に付着して血液に運ばれます。このとき、比重の小さいタンパク質とコレステロールや中性脂肪が結びついた物質は血管の壁に取り込まれ蓄積しやすく、動脈硬化を起こす原因となります。動脈硬化は脳への血流が阻害される脳梗塞や心筋組織が壊死する心筋梗塞などの血栓症を起こす危険がとても高くなります。原因となるのは主に高脂肪でカロリーの高い食事や運動不足といった生活習慣ですが、遺伝性の高脂血症もあり、家族性高コレステロール血症は日本人に比較的多く見られる遺伝性疾患です。

高脂血症は多くの場合症状が無く、健康診断などで血液検査を行って初めて発見させることとなります。ただし家族性高コレステロール血症においてはアキレス腱の厚みが増す症状や、瞼に黄色い斑点が出る症状、手の甲や肘に固い盛り上がりができる症状がみられる場合があります。高脂血症の治療は動脈硬化を防ぐことを目的として行われます。ですので、動脈硬化のリスク要因となる禁煙なども同時に行うことが重要です。高脂血症の原因は生活習慣が大部分を占めますので、食事療法と生活習慣の改善を行います。食事療法では脂質の是正と栄養素の配分の最適化を行います。これは糖尿病や高血圧などの動脈硬化の危険因子の治療も兼ねます。そして適正体重と適正腹囲を目指すために、週三回以上の水泳やジョニングといった運動を行います。

症状をいち早く察知して改善につなげる|身体の悩みを専門医に聞こう