発作の症状に注意

健康診断で血液検査をすると体のいろいろな状態が分かりますが、コレステロールや中性脂肪の数値が高いと高脂血症と言って放置しておくと脳卒中や心臓発作などの突然死を招くこともあります。高脂血症というだけでは特に何の症状もありません。しかし体の中では流れている血液がどろどろで、多く含まれている脂質が血管の内壁にたまって血流を妨げ、脳や心臓、体全体にうまく流れて行っていないという状態が起きているのです。高脂血症そのものは自覚症状がないのでつい放置しがちになりますが、知らない間に血流が滞り酸素や栄養がいきわたらなくて細胞が壊死し、やがて命に係わる大切な臓器まで壊死してしまうということが起きてくる可能性もあります。このことから、高脂血症を放置してはいけないということがいえます。

自分では何の症状もなく元気でも健康診断で高脂血症と診断されたら、早い目に病院に行って改善策を講じる必要があります。高脂血症は生活習慣が原因で起きています。長年食べたきたもの、飲んできたもの、運動習慣、タバコやお酒、ストレスなどが血液をどろどろにしています。特に脂肪分の多い食事、カロリーの取りすぎ、そして消費するカロリーが少ないということが続いた場合には高脂血症になりやすくなります。そこで改善策としては医師の診断を仰いだうえで、薬を処方してもらったならしっかり飲み続けること、そして食事や運動面で脂質やカロリーの取りすぎに注意をすること、食事の時間を考えることも大切です。これらの方法で高脂血症を少しでも改善していくことが突然死のリスクを減らすことになります。普段は症状のない高脂血症ですが、症状が出た時には死に至ることもあるということです。

症状をいち早く察知して改善につなげる|身体の悩みを専門医に聞こう