発作の症状に注意

血液の検査で高脂血症を診断されたら早めに医師の診断を仰いだうえ、食事や運動などで生活習慣を改善することが大切になってきます。普段は症状がない高脂血症ですが、改善をしないでいると心筋梗塞や脳卒中など突然死を招くこともあります。

この記事の続きを読む

脳に異常が現れる

高脂血症は症状はでませんが放っておくと動脈硬化や脳梗塞といった恐ろしい病気につながるため治療が必要です。肉類など脂っこい食生活を見直し、適度な運動が予防法になりますが専門医に薬を処方して治療する方法もあります。

この記事の続きを読む

改善する方法

高脂血症はカロリーの高い食事ばかりをしていると起こります。症状があまりない為、検査をしなければ気付かないと言う方も多いです。食事療法や運動などをして改善していくことが大事です。

この記事の続きを読む

様々な症状がある

アクセスが良いから無理なく通うことができます。梅田クリニックを受診することで、健康を維持することができますよ。

気付かず内に進行していく高脂血症の症状について知りたいならこちらを参考にして重要な病気に繋がる前に生活習慣を見直しましょう!

高脂血症で気をつけなければならないのが、症状が現れにくいという点です。高脂血症は、昨今血液検査などを通じて発見されることが増えています。従って、日頃このような健康診断を受診しない方の場合には、無症状のうちに高脂血症が進んでしまっていることもある訳です。高脂血症は、まれには何らかの症状が現れてくることもあります。瞼の上や膝、アキレス腱などに独特の症状が現れてきたら要注意です。黄色く変色した肥厚などが見られた場合には、血液中の中性脂肪やコレステロールが増えている可能性があります。このような場合を除き、実際には高脂血症は症状が現れてこない場合がほとんどです。そのため、食生活が乱れがちな方の場合には特に定期的な検査が必要になります。

高脂血症の指標として用いられている中性脂肪は、摂取した脂肪がそのまま数値に現れてくる訳ではありません。脂肪分は一旦体内に吸収され、その後余分な脂肪が血液中に流れる訳です。こういったプロセスをとるのは、脂肪分だけに限りません。たんぱく質や糖質もこういった脂肪分と似たような流れで、一旦は体内に吸収されていく訳です。体の必要な部分に成分を配給した後には、余分なたんぱく質や糖質が中性脂肪となっていきます。従って、体が欲している異常に栄養分を摂取した場合に、中性脂肪が高くなるのが一般的なのです。たんぱく質は、体の構成要素となって比較的多く使われていきますが、余分な糖質はどうしても血液中に流れてしまう傾向があるのです。

症状をいち早く察知して改善につなげる|身体の悩みを専門医に聞こう